読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護医療系受験進学総合サイト

看護師・医療従事者を目指して看護医療系大学・短期大学・専門学校への進学・受験を目指す高校生・既卒生・社会人の方に看護受験対策をお伝えするサイトです。 看護大学・看護専門学校・看護短期大学・医療系大学・医療系短期大学・医療系専門学校・進学・進路・受験・入試・予備校・模試・AO・指定校・公募推薦・一般入試・センター試験・面接・対策・評判・看護師・保健師・助産師・既卒・社会人・対策・偏差値・難易度・人気・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・視能訓練士・臨床検査技師・診療放射線技師・臨床工学技士・管理栄養士・救急

看護医療系私立大学1月入試の特徴

【スポンサーリンク】

おはようございます。

看護医療系受験進学アドバイザーです。

 

今週末から看護医療系私立大学の一般入試が本格的に開始します。この1月下旬入試は通常、2月入試が推奨されているなか、早い時期の入試といえます。

 

受験生にとってみれば、第一志望はもちろんですが、腕ならしやすべり止めで受験する層がいます。これはどういうことかというと、例えば看護有名ブランド大学である聖北会TNKJZの多くは2月上旬から中旬で入試を実施します。

 

聖北会TNKJZを第一志望に考えている受験者層が腕ならしやすべり止めで受けてくるため、レベルが高い傾向になり、正規合格が難しいといえます。

 

しかし、逆に言えるのはここを落ちても、あまり気にしなくても良いといえます。2月入試ではその層があまり受験しないので、2月入試の方が受かりやすいといえます。

 

もし、落ちても諦めずに勉強・入試をがんばってください。

 

ブログランキングに登録しています。ぜひ、クリックをお願いします。

人気ブログランキング 

にほんブログ村

ありがとうございます。