読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護医療系受験進学総合サイト

看護師・医療従事者を目指して看護医療系大学・短期大学・専門学校への進学・受験を目指す高校生・既卒生・社会人の方に看護受験対策をお伝えするサイトです。 看護大学・看護専門学校・看護短期大学・医療系大学・医療系短期大学・医療系専門学校・進学・進路・受験・入試・予備校・模試・AO・指定校・公募推薦・一般入試・センター試験・面接・対策・評判・看護師・保健師・助産師・既卒・社会人・対策・偏差値・難易度・人気・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・視能訓練士・臨床検査技師・診療放射線技師・臨床工学技士・管理栄養士・救急

平成29年4月改編予定 神奈川県立平塚看護大学校<評判・難易度・入試・受験のポイントなど>まとめ

【スポンサーリンク】

おはようございます。

看護医療系受験進学アドバイザーです。

 

2017年4月改編の神奈川県立平塚看護大学校<神奈川県平塚市>について<評判・難易度・入試・受験のポイントなど>まとめです

 

www.pref.kanagawa.jp

 

<神奈川県立平塚看護大学校について>

平塚看護専門学校が修業年限を3年間から4年間に延伸し、4年制教育になります<定員は変わらずの80名>。理由は医療の高度化と現在の3年制の過密スケジュールに対応するためとのこと。4年制の専門学校のメリットは高度専門士の称号が得られることで、大学院への進学が可能なため、将来のキャリアの幅が広がる点です。

私が考えるデメリットは学費は県立なので学費は安いが3年制の専門学校に比べて1年間分余計学費がかかる点、また1年間早く働けば400万程度の年収が得られる可能性があるところです。看護進学希望者(特に専門学校志望者)の中には経済的な事情を抱える受験生が多いです。その学生達からすると前述の学費面(就職時の給与含む)で敬遠する方も多いと思います。

もちろん、将来の幅が広がる点は分かりますが、今度は大学との差別化が難しくなります。大学の授業料4~5倍と高いので学費の優位性はありますが、もともと大学志望者は比較的学費的にはゆとりがある場合が多いうえに、ゆとりがない場合でも大学に行かせたいという保護者の思いや、受験生の大学への思いが強いので、だから専門学校に行くという流れにはなりません。個人的に良い学校だと思いますし、これからの教育に非常に興味はありますが、高い人気を集めることはないでしょう。

 

<神奈川県立平塚看護大学校 偏差値について>

新宿セミナー主催看護医療全国模試で50程度と予測します。4年制になったので今までより入りやすくなると思われるうえに、看護専門学校は倍率が減少傾向ですので拍車をかけて入りやすくなるかもしれません。4年制になることで一番減少する可能性が高いのが社会人受験者です。社会人は早く働きたいので4年制は敬遠される傾向にあります。特に専門学校は社会人の割合が学校によっては半数近くいることも多いですので、その受験者層の影響は大きいです。そのため偏差値40台中盤でも合格可能性が出てくると思います。

 

<神奈川県立平塚看護大学校 受験対策について>

入学試験実施結果・過去問題 - 神奈川県ホームページをご覧いただくと(平成29年度入学案内のパスワード必要)過去問題のダウンロードが可能ですのでチェックしてみることをお勧めします。いわゆる一般的な看護系専門学校の入試問題レベルといえます。例年同じ系統の問題が出ますので、複数年の過去問題対策は非常に有効でしょう。合格手最低点は公表していませんが、目安として7割程度は必要でしょう。ただ、今年は例年に比べると入試が易化すると予測されますので、問題傾向は大きい変動がないにしても合格ラインは若干下がると予測しています。

 

<個人的おすすめ度★5が最高>

★★★(特におすすめはしないが、すごく悪いとも言わない)

理由:3年制の実績面で十分お勧めできます。いくつか4年制の学校はありますが、その中では別格でお勧めだと思います。ただ、4年制のメリット・デメリットをしっかり理解したうえで進学を考えることが重要です。

 

★ブログランキングに登録しています。ぜひ、クリックをお願いします。

人気ブログランキング 

にほんブログ村

ありがとうございます

 

kangozyuken.hatenablog.com

  

kangozyuken.hatenablog.com

 

kangozyuken.hatenablog.com