読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護医療系受験進学総合サイト

看護師・医療従事者を目指して看護医療系大学・短期大学・専門学校への進学・受験を目指す高校生・既卒生・社会人の方に看護受験対策をお伝えするサイトです。 看護大学・看護専門学校・看護短期大学・医療系大学・医療系短期大学・医療系専門学校・進学・進路・受験・入試・予備校・模試・AO・指定校・公募推薦・一般入試・センター試験・面接・対策・評判・看護師・保健師・助産師・既卒・社会人・対策・偏差値・難易度・人気・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・視能訓練士・臨床検査技師・診療放射線技師・臨床工学技士・管理栄養士・救急

平成29年4月開設予定 秀明大学看護学部<評判・難易度・入試・受験のポイントなど>まとめ

【スポンサーリンク】

おはようございます。

看護医療系受験進学アドバイザーです。

 

2017年4月開設を目指す秀明大学(千葉県八千代市)看護学部について<評判・難易度・入試・受験のポイントなど>まとめです。

 

秀明大学|学部|看護学部|2017年4月設置認可申請中

 

秀明大学看護学部看護学科 設立経緯・見るべきポイント>

八千代市がいくつかの大学に看護師養成で声掛けをして設立に名を挙げたようです。

新設の看護棟をつくるということで力を入れている印象はあります。ただ、今後は、例えば図書館の蔵書数や開館時間などのチェックが必要です。新設系学校によっては他学部系の開館時間を合わせたりして、看護学生の要望を満たせないケースもあります。

また、導入される設備は現状わかりませんので、何とも言えませんが、電子カルテや遠隔看護を学べるということでITは充実させるのでしょう。遠隔看護を学べることを売りにする大学は珍しいので、ここはすこし興味があります。

 

<秀明大学看護学部看護学科 実習先や課程>

東京女子医科大学八千代医療センター(精神看護以外)で行えるようです。東京女子医科大学は急性期の高機能病院です。東京女子医科大学八千代医療センターが全面支援している点は評価できるでしょう。また、指定の科目を履修することで養護教諭の免許状を取得することも可能のようです。設立目的から八千代市地域で働く看護師養成をメインにしたい大学です。強い縛りはないはずですが、大学の思いとしては将来は八千代市で働いてほしいと思っているはずです。そこはしっかり考えておきましょう。

 

<秀明大学看護学部看護学科 その他>

その他に2年生(全員)夏休みにイギリスへの短期留学があるようです。秀明大学の関連校である「チョーサー・カレッジ・カンタベリー」(英国立ケント大学内)に行き、現地病院での医療見学や英語の授業を受けるそうです。費用がどの程度かかるかわかりませんし、個人的にはあまり秀明大学の看護とつながりを感じませんが、行ったら行ったで貴重な経験になるでしょう。

 

<秀明大学看護学部看護学科 偏差値・難易度予測>

偏差値の予想をします。新宿セミナー看護医療全国模試の偏差値で46~48程度になると思います。千葉県は昨年度の国際医療福祉大学(成田看護学部)そして、2017年4月に東邦大学(習志野キャンパス)・東京情報大学の看護が新設予定です。大学が増加傾向のエリアですので、さらに入りやすくなる可能性も高いです。

 

<秀明大学看護学部看護学科 入試・受験科目予定>

下記が入試予定です。
○AO(20名)2科目入試

(必修)英語

(選択~1) 数Ⅰ・A、数Ⅱ・B、物理基礎、物理、化学基礎、化学、生物基礎、生物

○一般入試(センター利用含む)(40名)3科目入試

(必修)英語、国語

(選択~1)数Ⅰ・A、数Ⅱ・B、物理基礎、物理、化学基礎、化学、生物基礎、生物

○推薦入試(20名)

(詳細未定)

 

<秀明大学看護学部看護学科 入試・受験対策>

まあ、看護系大学としては一般的な受験科目ですので、看護大学は当然ながら専門学校受験者も受けることはできます。

AOで学科試験は看護系大学ではいくつかあるが新設系では珍しいですね。単純に面倒な課題やプレゼン型の入試を行わないのか、学力をしっかり把握したいのか、どちらか真意は不明ですが、英語必須で理数系から理数系1科目選択は看護を学ぶ上で必要な学力を図る上ではまあまあの選択でしょう。ただ、レベルは非常に低いと思うので、英語苦手な方でも十分合格可能性あるでしょう。

推薦入試の詳細は未定のようですが、面接があることは想定されます。ポイントとなるのは「設立の目的を理解しているか」や「八千代市での就職希望があるか」などでしょう。この辺りは面接があればかなりの確率で聞かれるでしょう。

 

<個人的おすすめ度★5が最高>

★★★(特におすすめはしないが、すごく悪いとも言わない)

理由:設立目的から様々な機関に協力を得られていることは見ることができ。学部長や実習先もまあまあしっかりしている点は評価したい。ただ、今後の教員の集め方には注意が必要。医療系学部の設立は初めてだが、大学としてすでにある点、看護のために新棟を作る点も評価はできる。ただ、秀明大学の他学部の評価は決して高いものではないのが難点。その期待を良い意味で裏切り、今後どう転ぶかは大学の努力次第だが、これだけ大学が増加している激戦区の千葉ではかなり良い学生集めなど苦労をすると思う。

 

★ブログランキングに登録しています。ぜひ、クリックをお願いします。

人気ブログランキング 

にほんブログ村

ありがとうございます