読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護医療系受験進学総合サイト

看護師・医療従事者を目指して看護医療系大学・短期大学・専門学校への進学・受験を目指す高校生・既卒生・社会人の方に看護受験対策をお伝えするサイトです。 看護大学・看護専門学校・看護短期大学・医療系大学・医療系短期大学・医療系専門学校・進学・進路・受験・入試・予備校・模試・AO・指定校・公募推薦・一般入試・センター試験・面接・対策・評判・看護師・保健師・助産師・既卒・社会人・対策・偏差値・難易度・人気・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・視能訓練士・臨床検査技師・診療放射線技師・臨床工学技士・管理栄養士・救急

看護専門学校(大学病院付属)一般入試(面接)アドバイス③

【スポンサーリンク】

おはようございます。

看護医療系受験進学アドバイザーです。

 

大学病院付属看護専門学校の面接について③です。

 

特に合否を分ける質問が奨学金の質問です。

ここで問題になる奨学金の種類は、例えば3年間グループ病院で働いたら返済免除になるという形式の就職が前提条件のものです。この奨学金がある学校の面接時に奨学金を受ける気はありますか?という質問にたいして、受けませんと答えるのは良くないことだと分かりますでしょうか。

病院グループは皆さんを将来の自病院グループの看護師として考えているわけです。この奨学金は働けば返済免除なのに受ける気がないというのは卒後、うちの病院グループで働く意志がないと思われ、かなりの高い確率でマイナス評価になりますので、基本は受けますと答えましょう。

 

ブログランキングに登録しています。ぜひ、クリックをお願いします。

人気ブログランキング 

にほんブログ村

ありがとうございます。