読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護医療系受験進学総合サイト

看護師・医療従事者を目指して看護医療系大学・短期大学・専門学校への進学・受験を目指す高校生・既卒生・社会人の方に看護受験対策をお伝えするサイトです。 看護大学・看護専門学校・看護短期大学・医療系大学・医療系短期大学・医療系専門学校・進学・進路・受験・入試・予備校・模試・AO・指定校・公募推薦・一般入試・センター試験・面接・対策・評判・看護師・保健師・助産師・既卒・社会人・対策・偏差値・難易度・人気・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・視能訓練士・臨床検査技師・診療放射線技師・臨床工学技士・管理栄養士・救急

看護医療系入試を目指す社会人の方へアドバイス⑤

【スポンサーリンク】

 おはようございます。

看護医療系受験進学アドバイザーです。

 

今回は「看護医療系入試を目指す社会人の方へアドバイス⑤」についてです。

 

『看護医療系入試を目指す社会人の方へアドバイス⑤』

  

「私立系病院付属専門学校」を選択した場合です。この系統の学校は学費が比較的安い上に奨学金が充実しているので人気です。さらに大きな病院が多いうえに、就職が直結しているので安心感があるのも人気なのでしょう。

ただ、社会人の方には入試では厳しい系統といえます。なぜなら大きな病院プラス就職が直結しているからです。大きな病院ということで一般企業と同様に新卒一括採用をしたいのです。なぜなら、人事配置バランスがあり、正直、新卒学生のほうが、指導をしやすいというのが本音です。そのため、中途採用とも言える社会人卒は難易度が高いのです。異業種への転職活動みたいなものだと捉えていただければ難易度がわかるでしょう。

 

では、対策は?というとこの系統だけの学校選択をしないということですが、いろいろな系統の学校を選択することが重要です。これは違う私立病院をたくさん検討しようという意味ではありませんので、注意して下さい。

 

 ブログランキングに登録しています。ぜひ、クリックをお願いします。

人気ブログランキング 

にほんブログ村

ありがとうございます。