読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護医療系受験進学総合サイト

看護師・医療従事者を目指して看護医療系大学・短期大学・専門学校への進学・受験を目指す高校生・既卒生・社会人の方に看護受験対策をお伝えするサイトです。 看護大学・看護専門学校・看護短期大学・医療系大学・医療系短期大学・医療系専門学校・進学・進路・受験・入試・予備校・模試・AO・指定校・公募推薦・一般入試・センター試験・面接・対策・評判・看護師・保健師・助産師・既卒・社会人・対策・偏差値・難易度・人気・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・視能訓練士・臨床検査技師・診療放射線技師・臨床工学技士・管理栄養士・救急

看護医療系の受験生が4月・5月・6月にすべきこと(勉強<基礎固め>)

【スポンサーリンク】

ここでは看護医療系志望者のみなさんが4月・5月・6月期にすべきことをお伝えます。

 

(4)勉強<基礎固め>

この時期は基礎固めをしなければなりません。

その際によく聞かれるのが何をしたらよいですか?(参考書・問題集含め)という質問です。

 

その際に話すのが、基礎は人によって違うということです。そのため、一概的にこの参考書・問題集がお勧めですとは言えません。

 

もちろん、偏差値が分かれば、だいたいのレベルが分かりますので、お勧めの参考書・問題集を紹介できますが、成績がない場合や本当の意味での基礎固めはどうしたらよいかということです。

 

それは過去に使った教科書(ノート・参考書・問題集)を再チェックするです。

 

なぜなら、過去に使った教科書というのはすでに勉強済みなはずです。つまりは出来ていなければならないというこです。ここが出来ていないということは基礎ができていないと言えます。そのためにまずは、自分が勉強した高2~1と振り返ってみましょう。そしてできないとところが見つかればそこはあなたにとって本当の基礎ということです。

 

これは非常に成績を伸ばすうえで非常にお勧めの方法です。

 

ただ、もう一つアドバイスすると、これにかけられる期間は2週間程度だと思ってください。あくまでもこれは受験勉強を本格する前の準備体操です。これだけでは成績は伸びません。ただ、これからしっかりと成績を伸ばすうえで大切な部分です。一度チェックしてみましょう。

  

ブログランキングに登録しています。ぜひ、クリックをお願いします。

人気ブログランキング 

にほんブログ村

ありがとうございます。