読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護医療系受験進学総合サイト

看護師・医療従事者を目指して看護医療系大学・短期大学・専門学校への進学・受験を目指す高校生・既卒生・社会人の方に看護受験対策をお伝えするサイトです。 看護大学・看護専門学校・看護短期大学・医療系大学・医療系短期大学・医療系専門学校・進学・進路・受験・入試・予備校・模試・AO・指定校・公募推薦・一般入試・センター試験・面接・対策・評判・看護師・保健師・助産師・既卒・社会人・対策・偏差値・難易度・人気・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・視能訓練士・臨床検査技師・診療放射線技師・臨床工学技士・管理栄養士・救急

学校志望理由(★★★★★)

【スポンサーリンク】

これも学科志望理由同様に名刺のような質問です。良い志望動機のコツはパンフレットの言葉をそのまま引用しないこと。必ずOCや説明会に参加したことや印象を述べましょう。その時には設備だけに触れるのではなく、その学校の教員や学生の魅力についても触れましょう。面接官(教員)の立場になってください。設備が素晴らしいとだけ褒められるよりも 自分たち教員や指導している学生を褒められる方がうれしいですよね。

 

ポイント①

将来(理想)の看護師になるには貴学で学ぶことが必要

⇒ただ、看護師になるだけならある意味でどの学校でも良いわけです。では、良い志望理由とは私が理想とする〇〇の看護師になるには貴学の〇〇が必要と考えをもとに考えましょう。

 

ポイント②

ただ、魅力を羅列することだけはしない

⇒その魅力が自分にとってどうメリットがあるかを伝えること

×「附属病院が隣接しているから志望しました」

●「附属病院が隣接しているので、常に現場を意識して看護を学べると思いました」

 

ポイント③

使わない方が好ましい志望理由

⇒①「学費が安い」②「家から近い」③「国家試験の合格率が高い」皆さん志望理由によく使います。使っていけないとは言いませんが、面接官の立場になってみてください。「学費が安くて、家から近いので貴学を志望しました」と言われて、「この子は本当にうちの学校で学びたいんだな」と思いますか?思わないですよね・・・それが答えです。③は①②に比べればまだ良いですが、国試の合格率ってほぼどこの学校の同じくらいです。ポイントは「国試の合格率が高い」だけではなく理由を述べることです。国試の合格率が高いということは先生方の手厚い指導があるということですよね。そこをしっかりいうことが大切です。

 

ブログランキングに登録しています。ぜひ、クリックをお願いします。

人気ブログランキング 

にほんブログ村

ありがとうございます。