読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護医療系受験進学総合サイト

看護師・医療従事者を目指して看護医療系大学・短期大学・専門学校への進学・受験を目指す高校生・既卒生・社会人の方に看護受験対策をお伝えするサイトです。 看護大学・看護専門学校・看護短期大学・医療系大学・医療系短期大学・医療系専門学校・進学・進路・受験・入試・予備校・模試・AO・指定校・公募推薦・一般入試・センター試験・面接・対策・評判・看護師・保健師・助産師・既卒・社会人・対策・偏差値・難易度・人気・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・視能訓練士・臨床検査技師・診療放射線技師・臨床工学技士・管理栄養士・救急

大学・看護専門学校の違いについて(★★★)

看護・医療従事者面接質問対策(★★★)

【スポンサーリンク】

看護師になるには看護学校に進学する必要がります。そして進学先には大学・短期大学・専門学校があります。大学だとなぜ大学で看護で学びたいか(専門ではなく)。専門だとなぜ専門で看護を学びたいか(大学ではなく)など聞かれることがあります。これは学校志望理由の一つだと思ってください。各進学先の特徴をしっかり捉えているかが大切です。

 

ポイント①

大学は学問として看護、専門は技術として看護

⇒大学は看護を学問として学びます。そして将来は指導者や研究者などを養成する場所です。専門学校は看護を技術として学びます。そして現場で即戦力として養成する場所です。上記は現実にそうとは言えませんが、理念としてあると考えてください。

 

ポイント②

大学は専門学校を、専門学校は大学を否定しない。

⇒大学志望者(専門志望者)は大学(専門)を褒めたくなり、専門学校(大学)を否定する回答をしがちです。これはNGです。単純に自分が志望する大学(専門)で学びたい理由を言いましょう。

 

ブログランキングに登録しています。ぜひ、クリックをお願いします。

人気ブログランキング 

にほんブログ村

ありがとうございます。